なぜ怪我をするの?


ダンサーにとって自分がなぜ怪我をしてしまったのか、あるいはいつもしてしまうのか、その理由を知ることは非常に大切なことです。典型的な3つの要因を挙げると、

  • 「環境的要因」
  • リハーサルのスタジオと本番の舞台の広さ、床の固さの違い、スケジュールと運動頻度の急激な増加など
  • 「解剖学的要因」
  • 脚長差、脊椎の湾曲、関節の可動域の欠如、過度の筋の硬さなど(これにあてはまるダンサーは、きっと事あるごとに悩まれていることだと思いますが、これもそれなりに克服できるケースが多くあります)
  • 「疲労」
  • 体力不足による(多くの場合、この疲労がダンサーの怪我を招いている要因のようです)


ここに、体力不足→疲労→怪我のプロセスを説明しておきます。


体力不足から疲労そして損傷への過程









その場しのぎのマンネリ

ダンスをすれば体に負担をかけ、怪我をすることもある。きれい事でないのも確かです。しかし中には始終慢性的に同じ場所を故障し、おまけに、”私の体はボロボロなんです”などと、自分の数多い故障個所を自慢するかのように説明しだす人もいます。こういう人たちに限って、鍼やカイロといった民間療法に定期的に通っていることで、ちゃんとケアをしていると思い込んでいるようです。残念ながらこれでは技術が落ちることはあっても伸びることは断じてあり得ません。なぜなら損傷した部分は再発を重ねるごとに耐性を失い、回復能力が落ち、例え一時的に痛みは和らいだとしても、ダンサーの復帰に必要な、強さや伸展性、機能性を獲得できるものではありません。
”正しくプログラムされた訓練だけがこれらを獲得できる”のです。